素人が飲食店経営したらどうなるかブログ

板橋を盛り上げたい!その勢いだけで飲食店素人のホッピーが始めたお店のブログ

コロナ陽性から復帰(私の場合)

みなさまこんにちは!

いたばし研究所のホッピーです。

現在がっつり休業しておりますm(_ _ )m

 

f:id:senberohoppy:20200728103911j:plain

新型コロナが爆発的に感染を拡大していますが、

実は私、先日新型コロナ陽性となりまして、

自宅療養後、先日職場復帰をしました。

 

今後、新型コロナに感染してしまった場合の参考になればと思い、

私の感染から復帰までの状況や、

その間の病院や保健所とのやり取りなどお伝えしますね。

 

コロナ陽性

突如38度5分の熱が出ました。

他の症状としては、寒気と関節痛っぽい痛み、

う〜んインフルエンザっぽい症状だなと思いつつ、

まあコロナだろうな〜と判断。

 

近所でPCR検査してくれる病院を探して連絡。

 

病院の都合で夕方検査をしに行ったとき(発熱から3日目)には

熱は平熱に戻っていたため、簡単な問診とPCR検査のみ

解熱剤など薬はもらわなかった。

費用はPCR検査は無料、かかりつけ医ではなかったので初診料2,000円弱のみでした。

 

病院からの結果は「陽性

 

今後の指示連絡が保健所からあるとのこと。

 

発症から4日目に保健所から連絡

現在の症状を伝える。

胸の痛みを伝えると「パルスオキシメーター」を送ってくれるとのこと

新型コロナは肺炎の危険があるようなので、酸素濃度を把握する機械が手に入るのはありがたい。

 

発症から7日で発熱などの症状が治まれば、

10日間で感染させるリスクがなくなるので、職場復帰OK。

 

症状がある場合には入院かホテル療養になるそうで、

今回の症状だとホテル療養となるとのこと。

 

ただ、ホテルの空きが無く、調整をしているが、

このまま10日過ぎてしまうかもとも言われた^^;

 

 

ホテル療養って

食事は3食弁当が支給、飲み物も配られるとのこと。

WiFi環境もあるので症状が治まれば仕事もできそう。

 

ただ、板橋区の対象療養ホテルに入る際の準備項目を見てみると

タオル、着替えは自分で用意

洗濯は出来ない

通販もしちゃだめ

当然買い物などの外出もNG

 

 

となると、必要分がどのくらいになるかわからないのに、

タオルや着替えを用意する必要があるということだ。。

 

こりゃきつい。。

 

発症から7日目で自宅療養に切り替えを希望

毎日1回保健所の方から症状確認の連絡がある。

体温とパルスオキシメーターの酸素濃度を伝える。

 

発症から7日症状も治まっており、ホテルの空きも無いようだし、

ホテル療養より自宅療養のほうが

着替えやタオルの心配も無いので、

環境が良いと判断し、自宅療養への切り替えを希望した。

 

保健所の方は喜んでいるように思えた。

まあ、ほんとに調整大変みたいなので、本音が出たのだろう。

 

ちなみに症状の経緯はというと

1日目:38度5分の発熱、寒気、体の痛み

2日目:38度5分の発熱、寒気、体の痛み

3日目:平熱、喉の痛み、胸の痛み

4日目:夜のみ37度5分の発熱、喉の痛み、胸の痛み

5日目:夜のみ37度5分の発熱、喉の痛み、胸の痛み

6日目:平熱、他症状なし

7日目:自宅療養へ切り替え

 

自宅療養者には、東京都より食材が届くとのこと、

ただ、自宅療養者が爆発的に増えてしまっているので、

いつ届くかがわからないとのこと。。

 

 発症から10日経過し職場復帰

7日以降はまったく症状もなく、

最後の1日は保健所からの連絡もなく、

しれっと職場復帰OKの10日を迎えた。

 

まだ食材は来ない^^;

 

職場復帰後に食材が届く

発症から11日後、東京都からダンボール3個が届く!

送り状などは貼っていないので、

佐川・ヤマトさんのような配送業者ではなく、

おそらく東京都が独自で配送していると思われる。

f:id:senberohoppy:20210806111337j:plain

全部並べてみたらすごい量!

f:id:senberohoppy:20210806111348j:plain

 

こりゃ、20日分くらいあるんじゃないか?という量

 

自分は復帰してしまいましたが、妻が濃厚接触者となり

まだ自宅から出れないため、ありがたくいただきたいと思います^^

 

しかし、、陽性者は10日で復帰できるのに、濃厚接触者は14日間復帰出来ない。

同じ自宅で生活しているのに、なんだか変な感じ^^;

 

まとめ

まず、新型コロナに感染し、発熱などの症状が出ても、

自分は発症から完治まで、自宅で寝てただけでした。

 

インフルエンザはタミフルやイレンザなどの治療薬がありますが、

入院しない限り、風邪と同じ対処となります。

 

さらに、毎日の連絡は保健所からであり、お医者さんではありません。

お医者さんとの接触はPCR検査の時の問診のみ。

 

陽性後のやり取りはすべて保健所となっているので、

入院先やホテルの調整、毎日の経過観察

パルスオキシメーターや自宅療養の食材の手配と多岐にわたっており、

急激な感染者拡大に対応出来ていないというのが現状と思われます。

 

せめて毎日の経過観察だけでも、最初のPCR検査したお医者さんでもいいんじゃないのかなと思いました。

 

といっても感染爆発している現状はこんな感じです。

こういう時は結局、自分の基礎的な免疫力の勝負となります。

たとえ新型コロナにかかったとしても、免疫力を高めていれば

重症化するリスクは低くなるでしょう。

 

私が実際に経験した新型コロナ陽性になってから復帰までの経緯をお伝えしました。

このブログが何かの参考になればと思います。

 

さあ、長らく休んだ分、仕事がんばりま〜す

 

ホッピー

 

『いたばし研究所』公式ホームページ

itabashi-lab.com

 

いたばし研究所は『板橋駅まちづくり応援団』に参加しています。

 『板橋駅まちづくり応援団』公式ホームページ

itabashi-oendan.com