素人が飲食店経営したらどうなるかブログ

板橋駅西口に4月1日オープン!板橋を♥する人の交流酒場「いたばし研究所」の所長ホッピーが、飲食店の立ち上げから経営状況をせきららに伝えます。

資金繰りだよおっかさん

みなさんこんにちは!

いたばし研究所のホッピーです。

 

本業のLED照明専門店は本日急遽休業とし

ビデオ会議で今後の営業について話し合うことになっています。

 

自粛、自粛で
イベントなどは相次ぐ延期。
気がめいってしまいますよね。


ここで出てくるのはお金の問題

自粛というからには保証が欲しいところです。

フランスのお金対策はご存知ですか?

・企業規模・営利非営利等問わず
全事業者に対し、
休業を余儀なくされる従業員の
給与の80%を、一人当たり
月2,500ポンドを上限に
政府が肩代わり。

(1ポンド 約133円なので332,500円)
3月1日に遡り、
当面3カ月間実施する。
(延長の可能性あり)
当制度向けの政府予算枠は、上限を設けない。
担当は歳入関税庁(HMRC)で
4月末までの支給開始を目指す。


・中小企業を対象とする
国営英国ビジネス銀行の8割保証
による銀行借入制度
(2020年3月18日記事参照)について
国が肩代わりする利払いの期間を
6カ月から1年に延長。
3月23日から開始。


・6月末までVAT(消費税のようなもの)支払いを繰り延べ、
会計年度末までの支払いを認める。
これに伴う
企業キャッシュフロー上の効果は
300億ポンド(GDP比1.5%)と試算。
(1ポンド 約133円なので3兆9900億円)

・低所得者向け社会保障給付
(「ユニバーサル・クレジット」)の
基準支給額に今後12カ月間、
年額換算で一人当たり1,000ポンドを上乗せ。
(1ポンド 約133円なので133,000円)

・個人事業者に対し、自己隔離が
必要になった場合は
ユニバーサル・クレジットを通じ、
法定病欠手当と同額を支給。
また自己評価税(所得税)支払いを
21年1月まで繰り延べ。

・地方自治体の住宅補助と
ユニバーサル・クレジットの増額により、
低所得者の住宅賃料支払いを支援。
10億ポンド規模。
(1ポンド 約133円なので1330億円)

 

とまあこんな感じ。

企業規模・営利非営利等問わずというのがすごい。

なによりも大事なことは
生活に対する安心を与えることが先。

自粛要請だけでは
不安が大きくなるだけです。

 

ロックダウンを行うからには

それなりの保証をする必要があると思います。

 

コロナ関連融資受けました

f:id:senberohoppy:20200327075044j:image

この状況で会社を守るためには

現金を持っているのが一番強いです。

 

融資って借金じゃん!と思う方もいるかも知れませんが

 

コロナは必ず収まります。

そこから一気に回復する時まで耐えられなければ

その先はありません。

 

今は新型コロナウイルス関連の補助金や特別融資枠が

東京都、区などでたくさん出てきています。

 

それを有効に使うほかありません。

 

今回受けた融資制度はこちら

www.bousai.metro.tokyo.lg.jp

緊急対策になっているので

必要書類を金融機関に提出すればスピーディに審査されます。

 

日本政策金融公庫では3年間実質無利子の特別貸付が出ています。

www.jfc.go.jp

 

また、こんな補助金も出ていたのですが

すでに枠がいっぱいのようです。。

www.shigotozaidan.or.jp

テレワークを要請するのであれば

このあたりも枠をもっと広げることを

国や自治体がやるべきだと思います。

 

さらに良い制度があれば教えて下さい^^

 

厳しい状況ですが

耐えてみんなで乗り切りましょう!

 

【OPENまであと5日】